アスベストとは

2005年に大きな問題になったのがアスベストです。
アスベストによる塵肺や肺線維症、肺がんなどのような人体への健康被害で一時期はすごく取り上げられたこともあって、その名前を覚えて居る人も多いでしょう。
そもそも、アスベストそのものは耐熱性や絶縁性、保湿性などに優れていることから断熱材や絶縁材などに使われてきたものでした。
しかし、健康被害へのリスクが高いことが解ったために、現在ではアスベスト製品はほぼ全廃されています。
しかし、過去に吹き付けられたアスベストやアスベストを含んでいる断熱材が用いられている建物なども多く、こうした建物を解体する時にアスベストが飛散してしまうとも言われているのですが、こうしたアスベストの除去に使われているのが、ウォータージェット工法です。

ウォータージェット工法の効果

建物が老朽化してきたからリニューアルをする、解体をするといったケースではアスベストを除去するようなことも少なくありません。
そこで、より安全に作業を効率化させることが課題となっていたのですが、1つの回答がウォータージェット工法であるとされています。
従来のウォータージェット工法では使用する水量が多いことから、下の階層への漏水などが懸念されて使われなかったことも多いそうですが、近年では使用水量を減らした少水量で超高圧のウォータージェット工法が開発されたこともあって使われることが増えてきているようです。
少水量で使用できることから、この新しいウォータージェット工法では使用した水がすべてアスベストに吸収され、漏水の新派をする必要がありません。

ウォータージェット工法なら日進機工